なんJスポーツ

野球を中心にスポーツ おもしろ情報をお伝えしていきます。

    カテゴリ: 張本勲

    no title

    サンモニ張本氏、オールスターゲームを振り返り「目立ちたがり屋が少なくなった」
    1 あちゃこ ★ :2017/07/16(日) 09:38:50.37 ID:CAP_USER9

     野球評論家の張本勲氏(77)が16日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に 出演し、プロ野球オールスターゲームを振り返った。

     15日の球宴第2戦は、選手間投票で球宴初出場のソフトバンク・デスパイネが同点ソロを含む 3安打猛打賞で、MVPを獲得。14日の第1戦(ナゴヤD)の7回右前同点打から、15日の3打席目まで4打席連続安打をマークした。

     第1戦は内川がMVP。同一球団の2戦連続MVPは1998年第2戦、99年第1戦の巨人 (ともに松井秀喜)以来で、球団では初めて。ホームランダービーでも柳田が2日続けて優勝。
    タカの誇るクリーンアップが賞を総なめにした。

     張本氏は「内容的には地味だったけど、いいゲームでした」と試合を振り返り、2試合で3失点の 全パ投手陣を褒めた。一方で、出場した選手について「最近、目立ちたがり屋が少なくなりました。
    『賞品を獲る』とか『あれが欲しい』って言わない。今の選手は自信がないのか、言いたがらないのかな」と“注文”を付けていた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170716-00000042-sph-base


    【張本勲氏、プロ野球オールスターに嘆き「最近、目立ちたがり屋が少なくなりました」】の続きを読む

    no title

    ハリー、錦織に喝
    1 Egg ★ :2017/07/09(日) 09:23:59.88 ID:CAP_USER9

    野球評論家の張本勲氏が9日、レギュラー出演しているTBS系「サンデーモーニング」(日曜、前8時)のスポーツコーナーで、
    男子テニスの錦織圭がテニス・ウィンブルドン3回戦で見せた態度に“喝”をつけた。

    番組内では錦織が敗れたロベルト・バウティスタ(スペイン)戦を伝えた。途中、いらだってラケットを投げ捨ててしまう映像も紹介された。

    これを受けて「喝だ!」と叫んだ張本氏。「負けたからじゃないですよ。日本の民族は優秀で礼儀の国だと、世界では定評があるのよ。
    あんな態度を何回見ました?あれ、下にたたきつけたらね、メーカーから契約を解除されますよ」と苦言を呈した。

    世界トップレベルでのプレーを続ける錦織であればこその意見で、「青少年の目標になるようなね(態度をとってほしい)。
    これだけの世界クラスの選手だもん。刀は武士の魂だから」と語った。

    ヒートアップしていったのか、「余談だけどね、日本の民族はおかしいよ。しゃべりすぎだよ。しゃべっちゃいけないようなことをしゃべっている。
    相手が困るようなこと、昔お世話になった人ことをしゃべりすぎだよ」と、話題は錦織から離れて発展していった。

    「男女ともしゃべりすぎだっていうんだよ」とまくしたてる張本氏に、
    司会の関口宏は「何を差しているかが分からない」と合いの手をいれつつ、「張さんは時々余計なことを言うから」と苦笑いしていた。

    7/9(日) 9:17配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-00000030-dal-spo

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【張本勲氏 錦織のラケット投げ捨てに喝 「刀は武士の魂だから」「余談だけどね、日本の民族はおかしいよ」】の続きを読む

    2017y07m02d_213614545

    張本、アストロズ青木に喝
    1 動物園φ ★ :2017/07/02(日) 09:43:41.55 ID:CAP_USER9

    7/2(日) 9:41配信
    スポーツ報知

    野球評論家の張本勲氏(76)が2日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に出演し、30日(日本時間1日)に本拠でのヤンキース戦でメジャー初登板を果たしたアストロズの青木宣親外野手(35)に「喝」を入れた。

     青木は、4―10と試合の大勢が決した9回に急きょ6番手としてマウンドに上がった。日向高(宮崎)時代は投手だったが、ヤクルト時代も含めプロ初登板。1イニングを2四球と1安打で3失点となった。

     この起用に張本氏は「喝だ。青木を起用した監督」と切り捨て、さらに「青木にも喝」と厳しい口調で断じた。「草野球じゃないのよ。アメリカ野球にもがっかりしたね。こんな野球やっちゃダメになるね」と怒りを爆発させた。

     司会の関口宏(73)が「捨て試合だから」と向けたが「関係ないよ。入場料払っているんだから。全部返還した方がいいよ」と観客へ失礼にあたるとの持論を展開し「青木も断らなきゃ」と主張した。

     青木について「学生時代、ちょっとピッチャーやったことあるんだけど、あれだけ満座の前で大恥かいている。やめてもらいたい」と苦言。その上でかつて1996年の日本のオールスターゲームで打者・松井秀喜の場面でイチローが投手に起用され、セリーグの野村克也監督が代打に投手の高津臣吾を送ったことを引き合いに出し「田中マー君が向こうのベンチにおったから、田中マー君がバッターボックスに立てば、私は、あっぱれやろうと思った」と展開。「最後に「あんなふざけたことされたんじゃ、米国行く人いなくなるよ」と指摘していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-00000057-sph-ent


    【張本勲氏、青木のメジャー初登板に喝「草野球じゃない」「入場料返還すべき」】の続きを読む

    2017y07m02d_201127723

    大谷を心配する張本
    1 たんぽぽ ★ :2017/07/02(日) 14:01:22.28 ID:CAP_USER9

    https://www.j-cast.com/2017/07/02302176.html

    プロ野球・日本ハムの栗山英樹監督が投手・大谷翔平(22)を復帰させる舞台に選んだのは、2軍戦だった。大谷は2017年7月1日、イースタン・西武戦(鎌ケ谷)に先発し、1回1安打1失点でマウンドを後にした。実戦登板は16年10月22日の日本シリーズ・広島戦以来、実に約8か月ぶりだった。

    野球解説者の一部からは、こうした調整法に「中途半端」などと疑問の声が上がっており、ツイッターなどネット上でも、「投手復帰へ一本踏み出した」「無理はしないで」と賛否両論を呼んでいる。

    本人は「1軍ではまだ早い」とコメント

    小雨の降る中、大谷は2軍の西武戦で今季初登板、初先発した。先頭打者の鈴木に初球157キロを投げると、鈴木、呉と2者連続で三振を奪った。だが次の山川には、頭部付近にすっぽ抜けた直後の外角直球を狙われ、中堅にソロ弾を浴びた。その後も2四死球を許すが、斉藤を中飛に打ち取ってピンチをしのいだ。大谷は試合後のインタビューで、「1軍ではまだ早いので、もっと段階を経て、自分で納得する投球ができるように頑張りたい」と話した。

    大谷は今季、右足首痛で3月のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)を辞退し、4月8日のオリックス戦(京セラドーム)で走塁中に左足太もも裏を痛めて戦線離脱した。2軍でのリハビリを経て、6月27日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に代打で実戦復帰。「2刀流」復活に向けて、2軍戦で今季初めてのマウンドに上がった。

    野球解説者の中畑清氏は1日夜、「SPORTSウォッチャー」(テレビ東京)で、こうした大谷の調整法について

    「全力でプレーさせて、調整するなら分かるけど、1軍でもっと試合に使ってほしい、というのが私の望み、ファンの望み。よろしくお願いします」
    と栗山監督に注文を付けた。

    2日朝の「サンデーモーニング」(TBS系)では、野球解説者の張本勲氏が

    「日本球界では大事な選手だから、こんな中途半端なことはやめてもらいたい。球団と本人で話し合って出たのだろうけど、完全に治してやらないと。投げ方を見ても、中途半端だもん。今度はね、ひじか肩をやります(けがします)よ。心配です」
    と苦言を呈した。

    ゲストで出演した野球解説者の斉藤和巳氏は、「本調子ではないのは確か。投げられたことは、クリアだと思う」としたうえで、

    「左の踏み足がまだ、強めに入れていない。良いときは、踏み出して少しグッと引く動作がある。それが見受けられなかった」
    と分析していた。

    スポーツ各紙の報道によると、栗山監督は試合後「次回はいろいろなパターンを考えている」と述べた。2日のロッテ戦で1軍に合流し、打者・大谷に戻るという。


    【日ハム大谷、2軍試合で157キロも張本勲「中途半端はやめてほしい」と苦言】の続きを読む

    2017y06m25d_204424371

    張本「だけど2位だからね」
    1 Egg ★ :2017/06/25(日) 09:41:55.57 ID:CAP_USER9

    野球評論家の張本勲氏(76)が25日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演し、男子プロゴルフの全米オープンでで日本男子最高タイの2位に入った松山英樹(25)=LEXUS=についてコメントした。

     張本氏は、「松山はよくがんばりましたね」と前置きした上で「だけど2位だからね」と一転、厳しい口調に変わり「スポーツ選手は2位は何もならないから。2位は誰でもなれるからね。1位にならないとダメ」と優勝に届かなかった結果に辛口の批評を行った。最後に「がんばってくれ」とメジャー初制覇への期待を込めていた。

    6/25(日) 9:37配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00000055-sph-ent


    【野球評論家の張本勲氏 全米オープン2位の松山英樹に「2位は誰でもなれる。1位にならないと」】の続きを読む

    このページのトップヘ