なんJスポーツ

野球を中心にスポーツ おもしろ情報をお伝えしていきます。

    カテゴリ: リオ五輪

    no title

    4年後の東京オリンピック、どんな開会式になるのか楽しみだ。
    1 Marine look ★@\(^o^)/ :2016/09/08(木) 13:25:27.79 ID:CAP_USER9.net

    もなくリオパラリンピックも開催されますが、すでに話題になっているのが4年後に開催される“東京オリンピック開会式”について。
    そこで今回『VenusTap』では、男女500人を対象に、「東京オリンピック開会式でパフォーマンスしたら盛り上がると思う人・グループは?」というアンケート調査を実施。早速その結果をランキング形式で紹介しましょう。
    1位・・・芸能人にはパフォーマンスしてほしくない(100票)
    2位・・・サザンオールスターズ(62票)
    3位・・・安室奈美恵(58票)同率
    4位・・・B’z(29票)
    同率4位・・・きゃりーぱみゅぱみゅ(29票)
    5位・・・ゆず(28票)
    なんと、2位の倍近くの票数を集めたのは「芸能人にはパフォーマンスしてほしくない」という意見でした。意外にも“芸能人がパフォーマンスすること”に否定的な意見が多く寄せられる結果となりましたが、「世界中の人に楽しんでもらえるような開会式を期待したい!」という思いはみんな同じのようです。

    http://venustap.jp/archives/1760860
    2016/09/07(水) 23:39:27.04 ID:CAP_USER9
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1473259167/
    ※前スレ
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1473287550/

    【【五輪】2位はサザン!「東京オリンピック開会式」で歌ってほしい歌手1位は? ★5】の続きを読む

    2016y09m06d_122535051

    厳しい特訓に耐え手にした銅メダル。4年後の東京オリンピックでは、もっと輝くメダルが取れるだろう。
    1 Egg ★@\(^o^)/ :2016/09/06(火) 06:27:46.75 ID:CAP_USER9.net

     お家芸がようやく復活の兆しを見せた。「デュエット」「チーム」ともに銅を獲得したシンクロナイズドスイミング。
    「アテネ後に勇退した井村さんは06年、中国代表の監督に就任。『裏切者』などと批判されましたが、実績のなかった中国をわずか1年半で鍛え上げ、08年北京五輪では初のメダルをもたらしました」(運動部記者)
    「1日2500回の腹筋をはじめ、トータル10時間を超える練習が続きました。『泣いていいのは親が*だ時とメダルを獲った時だけ』と言い渡し、それまで根付いていた“選手の自主性”など粉々に打ち砕き、徹底したスパルタで追い込んでいったのです」(同)
     昨夏の世界選手権では、さっそく8年ぶりのメダルを獲得。が、その数カ月前にはあまりの苛烈さに2名の離脱者が出ていた。
    「五輪合宿ではアップとして競泳100メートルを10本。これが設定タイムを切れなかったらその分本数を増やし、切れるまでやり直し。そのうち何本泳いだか記憶がなくなり、最後のメインは200メートル10本。ここでもタイムが切れなくて20本になることはザラでした。結局トータルで1万メートルくらい泳ぐのですが、これを終えてようやく、シンクロの練習が始まるのです」
    「先生は3位のまま黙って甘んじる人ではない。今後4年間は、選手たちが本当の覚悟をもって臨む、シンクロ界の大勝負になります」
    “地獄めぐり”の成果は、東京でお目にかかれそうだ。

    h

    ttp://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160905-00512133-shincho-spo&p=1



    【【シンクロ】<鬼の井村>毎日腹筋2500回で離脱者も!】の続きを読む

    2016y09m02d_134550250

    国の代表として出場してるのだから、日本の〇〇と言って何が悪いのか。他国の選手の事も最初に国名を付けていて分かりやすかったが・・・日本人のナショナリズムが強くなるのはオリンピックの間だけ。
    1 シコリアン ★@\(^o^)/ :2016/09/02(金) 12:03:14.89 ID:CAP_USER9.net

     日本過去最多のメダル獲得数で盛り上がったリオデジャネイロ五輪。しかし、その報道を「ナショナリズムの臭いが強すぎるのではないか」とジャーナリストの田原総一朗氏は危惧する。
     連日、テレビのほとんどの番組が大きく報じ、新聞も大きくスペースを割いたリオデジャネイロ五輪が閉幕した。
    「日本が勝った」「日本が危ない」などと、日本という言葉が乱発されたことだ。
    〈五輪競技大会は、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、国家間の競争ではない〉
     だが、どの競技でも、日本の選手が登場して活躍する中継には、必ずと言っていいほど選手名の上に「日本の」という形容がついた。あきらかに、選手間の競争ではなく、日本の〇〇と、外国選手たちの競争であった。
     それは「日本の」を入れたほうがわかりやすいし、力も入る。入れたい気持ちはよくわかる。しかし、「日本はメダル圏内」「メダルは銀か、金か」と、メダル至上主義のような表現がやたらに多かった。ナショナリズムの臭いが強すぎるのではないか。
     スポーツ観戦にナショナリズムへの拒否反応を持ち込むのは、私たちの世代が時代遅れであるゆえではないのか。そんな不安を抱いていた。
     ところが、「サンデー毎日」の9月4日号で、おもしろい文章を見つけた。
     ジャーナリストの青木理氏の連載「抵抗の拠点から」である。青木氏は8月17日付の朝刊各紙の1面に「高橋・松友組 銀以上」という見出しが躍ったことについて、このように批評している。
    〈これはまさに新聞が日ごろ批判しているメダル至上主義ではないか。(略)スポーツをめぐって奏でられるナショナリズムは、しばしば「健全なナショナリズム」などと形容される。ナショナリズムに「健全」なものがあるかどうか私は怪しむが、スポーツのナショナリズムだってしばしば醜悪なものへと容易に転ずる〉
     青木氏のページは毎回読んでいるが、この文章に出会ってホッとした。
    ※週刊朝日 2016年9月9日号
    https://dot.asahi.com/wa/2016083100209.html

    【【テレビ】田原総一朗「『日本』ばかりが強調されるリオ五輪報道に覚えた不安」】の続きを読む

    2016y08m27d_134159222

    22億円。なぜこんなに金額が上がってしまったのか、透明性を図るべきだ。
    1 ニールキック(catv?)@\(^o^)/ :2016/08/27(土) 11:56:27.09 ID:hQYRwmSI0●.net BE:498132711-PLT(13001) ポイント特典

    【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪の閉会式で2020年東京五輪の大会組織委員会が安倍晋三首相をサプライズ登場させた約8分間のアトラクションが世界的に話題を呼んだが、費用は9月のリオ・パラリンピックでも予定する演出と合わせ、約22億円となる見通しであることが26日、分かった。
    リオ五輪での演出は4年後の祭典を待つ東京をPR。ドラえもんやキャプテン翼など日本が誇るアニメのキャラクターや最新の映像技術を駆使し、約50人の日本人ダンサーが出演した。組織委によると、長距離移動を要するブラジルまでの機材輸送費や人件費で予算が膨らんだという。

    http://www.daily.co.jp/general/2016/08/26/0009428868.shtml
    リオセレモニーに22億円、透明性がない
    http://www.sankei.com/smp/region/news/160315/rgn1603150082-s.html

    【【大悲報】リオの安倍マリオ、8分PRに22億円かかってた。1分間に2億7千万。予算の透明性なし】の続きを読む

    2016y08m25d_145213789
    すっきりして良かった。新井もこれで気持ちよく次に向かえるだろう。
    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2016/08/25(木) 14:32:34.12 ID:CAP_USER9.net

    リオ五輪男子50キロ競歩決勝で、日本代表の荒井広宙(28)が失格から3位に返り咲き、競歩では日本初となる銅メダルを獲得した。
    今月19日に行われた決勝。荒井は3位でフィニッシュを遂げたが、ラスト1周のところで、カナダ代表のエバン・ダンフィー(25)を抜き去る際に接触。これがひじを故意にぶつけたと見なされ、失格となっていた。しかし、これに日本側が抗議し、国際陸連にすぐに上訴を行った。
    結果的に上訴が実り、荒井は3位を奪還し、ダンフィーは4位に繰り下がった。
    ダンフィーは、カナダ陸連のホームページを通し、「お互いぶつかることは競歩ではよくあること。競技の一部だと思ってます。
    これ以上、スポーツ仲裁裁判所に上訴するつもりはありません」と、今回の結果を受け入れる文章を掲載した。
    さらに、続けて「たとえ抗議が成功しても、そのメダルを誇りには思えない」「今夜はぐっすりと眠れそう。正しい選択をした」ともコメントした。
    荒井も現地のマスコミにメダル獲得の喜びを語り、あわせて接触したダンフィーから、「ソーリー」と謝罪され、ハグをして別れたことを伝えた。
    https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12205-24118/

    【【競歩】リオ五輪・競歩「カナダ人選手の紳士的態度」に称賛あがる】の続きを読む

    このページのトップヘ