なんJスポーツ

野球を中心にスポーツ おもしろ情報をお伝えしていきます。

    カテゴリ: 高校野球

    2017y07m17d_210923600

    真夏に行われる甲子園は球児にとっては虐待なのか
    1 膳摩漏 ★ :2017/07/16(日) 20:30:06.26 ID:CAP_USER9

    高校野球人気は、衰える様子がない。今年は清宮幸太郎というスター選手の存在があって、異様とも思える集客現象が一部で起こっている。

     しかし、ここで言う「高校野球人気」とは、あくまで見る側からの現象であって、実際に主役であるはずの高校生、高校教育の現場で、 いまも世間が騒ぐような人気を野球が持ち続けているかは疑問だ。

     今月初め、高野連が「平成29年度加盟校部員数調査」の結果を発表した。それによると、登録者数が3年連続で減少している。
    高野連のホームページに次の文章が掲載されている。

    本年5月末の加盟校数と部員数の集計がまとまりましたのでお知らせいたします。硬式の部は、昨年より6,062人減少し161,573人で 3年連続の減少。学年別にみると、1年生(新入)部員が54,295人、2年生部員が53,919人、3年生部員が53,359人となっています。
    継続率は、14年連続でアップし、昨年に引き続き90%を超えました。(継続率の算出は1984年以降)

    加盟校数は、昨年から25校減の3,989校。平成に入ってから初めて4,000校を割りました。

     部員の減少が続き、加盟校が4000校を割った。少子化の流れがあるにせよ、深刻に受けとめるべき事実だ。だが、継続率のアップを続けて表記し、まるで質的には向上しているかの印象を与える。

     長年16万人から17万人で推移していた高校球児(硬式野球)の数が、数年後には激減するだろうとの予測は一部で深刻に語られている。
    なぜなら、学童野球、中学校の野球部員数がすでに激減しているからだ。この世代が高校生になる数年後、高校野球の部員数も参加校数も 極端に減ることが心配される。こうした未来予測に、高野連が対策を講じている様子はほとんど見られない。

     高校野球は、議論の柔軟性も失っている。見る側も頭が固くなり、自由な議論や提言を交わす土壌がない。

     例えば、猛暑対策。いま全国で行われている地方大会のスタンドでは、観客に向けても「熱中症にならないよう、十分に水分補給をするなど、お気をつけください」といったアナウンスを繰り返している。本当なら、大会の時期をずらすなど、もっと根本的な改革をするべきだと思うが、踏み込んだ変革の兆しはほとんどない。

    http://ironna.jp/article/7155


    【高野連よ、夏の甲子園は「球児への虐待」と自覚せよ】の続きを読む

    2017y07m12d_224923067

    1 プエルトリコ ★ :2017/07/12(水) 17:29:05.23 ID:CAP_USER9

    「高校野球千葉大会・1回戦、拓大紅陵11-0秀明八千代」(12日、ゼットエーボールパーク)

     春夏9度の甲子園出場を誇る拓大紅陵が、六回コールド勝ちし、2回戦に進んだ。

     初回に3番・度会基輝外野手(3年)の先制適時二塁打など、6安打を集中して一挙7得点。その後も攻撃の手を緩めず、2桁得点で大勝した。

     10日に元部員3人が売春あっせん容疑で逮捕。開会式前日の不祥事発覚という緊急事態の中で迎えた初戦だった。

     得点を挙げても選手は淡々とプレー。沢村史郎監督は「多大なるご迷惑をかけたのは、重々承知しておりますが、子供たちはいろんな思いを持ちながら、自分たち心のコントロールがすごくできていたのではないかと感じています」とナインをおもんぱかった。

     元ヤクルト選手を父に持つ度会は、3安打2打点とチームをけん引。「こういう状況の中でもやることをしっかりやろうと。自分らしい打撃ができた」と振り返った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00000086-dal-base


    【売春斡旋 拓大紅陵がコールド発進 10日に元部員3人が売春あっせん容疑で逮捕】の続きを読む



    1 かばほ~るφ ★ :2017/07/10(月) 11:03:07.96 ID:CAP_USER9

    「便器の水、飲もうと…」 元球児・レッド吉田さん語る
    7/10(月) 9:15配信

    京都・東山高校硬式野球部OBで、控え投手として甲子園出場経験があるレッド吉田さん(51)に、 白球を追った高校時代を振り返ってもらった。

    ――京都大会で優勝した瞬間、覚えていますか

    うれしかったですね。決まった瞬間はベンチにいたんですけど、マウンドに一番最初に行きました。
    そこに内野手も集まってきて。本当に最高でした。

    勝ち進むにつれて、どんどんチームワークが良くなっていくんです。
    僕も京都大会で2試合くらい投げた。メンバーに入ってなかったり、1試合も投げてなかったりしたら、また違ったかもしれない。目標が甲子園出場で、そのために野球部に入って頑張ったから、本当にうれしかった。

    ――母校の東山は昨秋の府大会を制しましたね

    メンバーに入ってる子の父親がOBで僕の後輩なんです。
    連絡があって、すごく喜んでいたのが印象的です。春の甲子園に行けなかったのは残念でした。
    ただ、一番伸びる時期って、春の甲子園の後。甲子園に行けなかったら伸びるんです。僕らも行けなかった。
    そこから監督が交代して、みんな練習に力が入ったんだと思います。

    ――それで夏に向けてぐっと伸びたんですね

    そう。ひと冬越えると太ももやお尻の筋肉が厚くなるんです。1年、2年と冬を積んでいくと。
    だから冬場にいかに自分を追い込むか。それで全然違うんですよ。
    高校生なんてみんな同級生で、元はそんなに変わらないんだから。

    ――どんな練習を?

    知恩院(東山区)の階段をがーっと登るんですよ。
    エースと一緒に、自主トレでそういうことをやっていました。1段飛ばし、2段飛ばし、と何本も。

    ――これはきつかった、という思い出はありますか

    最初のころですね。僕なんか軟式上がりで一般入試で入ったから、選ばれて入った同級生に最初はついていけなかった。
    1年生は体力づくりで、ひたすらダッシュ。無制限のダッシュというのがあって、延々とグラウンドをダッシュして。
    いつ終わるかわからない。50本とか100本とか、終わりがわかっている方が楽なんですよね。
    ものすごく長く感じた。

    当時のことですから、水も飲めない。ひざに手もついちゃいけない。「禁断の水」というのがあるんですけど、便器の水なんです。あれには手を出せなかったんですけど、どれだけ飲みたいと思ったことか。

    (後半省略、全文はソースで)

    7/10(月) 9:15配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00000011-asahi-spo
    高校球児にエールを送ってくれたレッド吉田さん

    第65回京都大会決勝で優勝を決めた瞬間のレッド吉田さん(中央)
    =1983年7月31日、西京極球場(現・わかさスタジアム京都)

    (出典 www.asahicom.jp)


    【高校野球 水が飲めず「便器の水、飲もうと…」 元球児・レッド吉田(51)、白球を追った高校時代を振り返る】の続きを読む

    2017y07m08d_222904924

    熱中症者続出の高校野球開会式
    1 孤高の旅人 ★ :2017/07/08(土) 15:05:03.53 ID:CAP_USER9

    高校野球の開会式で熱中症か 埼玉
    7月8日 14時20分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170708/k10011050011000.html

    8日昼前、夏の全国高校野球埼玉大会の開会式が行われていたさいたま市の球場で、野球部員や観客の高校生など合わせて13人が熱中症と見られる症状を相次いで訴え、このうち1人が病院に搬送されて手当てを受けました。
    さいたま市大宮区にある県営大宮球場では、8日午前11時から夏の全国高校野球埼玉大会の開会式が行われました。

    大会を主催する埼玉県高等学校野球連盟によりますと、開会式が始まって1時間ほどの間に、グラウンドにいた野球部員や観客席の高校生など13人が、「気分が悪い」とか「頭が痛い」など、熱中症と見られる症状を相次いで訴えたということです。

    このうち野球部員で高校1年の男子生徒1人が意識が混濁した状態になり、病院に搬送されて手当てを受けました。

    開会式には156チーム、合わせて2800人余りの野球部員が参加していたほか、観客席には高校生や保護者などおよそ1万8000人が訪れていたということです。

    気象台によりますと、8日のさいたま市は強い日差しが照りつけて気温が上がり、開会式が始まった午前11時には31度6分を観測していました。

    埼玉県高等学校野球連盟は「この大会期間中、こまめに水分を補給するなどの熱中症対策を徹底するよう改めて周知したい」としています。
    「いきなりバタンと倒れた」
    開会式に参加した高校3年生の野球部員は、「開会式の行進でプラカードを持っていた女子生徒が力が抜けたような感じでいきなりバタンと倒れた。顔も白くなっていた」と話していました。
    水戸の開会式でも熱中症か
    また、8日午前、水戸市で行われた夏の全国高校野球茨城大会の開会式で、高校生5人が熱中症と見られる症状を相次いで訴えました。

    「頭が痛い」などと熱中症とみられる症状を訴えたのは、野球部の選手の男子生徒1人と入場行進を先導していた女子生徒4人で、女子生徒のうち1人が救急車で病院に運ばれました。

    大会の運営本部や消防によりますと、病院に運ばれた1人は意識はあり、残りの4人の症状もいずれも軽いということです。


    【高校野球の開会式で熱中症か】の続きを読む

    2017y07m08d_222159355

    清宮、選手宣誓で「野球を愛してる」
    1 あちゃこ ★ :2017/07/08(土) 14:06:26.67 ID:CAP_USER9

     第99回全国高校野球選手権大会の東西東京大会開会式が8日、東京・神宮球場で行われ、 春の東京大会を制した早実の主将、清宮幸太郎内野手(3年)が出場272校
    (東141校、西131校)を代表して選手宣誓を行った。
     清宮は「私たちは野球を愛してます」と切り出し、「野球の神様に愛されるように全力で戦うことをここに誓います」などと、「愛」の言葉を宣誓の中に盛り込んだ。

     清宮は開会式後の囲み会見で、報道陣から「愛してますという言葉を使ったのは」と
    問われると、「好きというよりかは(野球を)愛しているので…なんて言うんですかね、
    もっとやっぱりより思いが伝わるのかなと」と答えた。

     続けて、「ヒントはあったのか」という問いに対しては、「小林麻央さんが去り際に
    言っていた言葉は、すごい印象に残ったというのはあったので、
    そういうのはちょっとありました」と、歌舞伎俳優・市川海老蔵が6月23日の会見で、
    その前夜に34歳で逝去した妻のフリーアナウンサー、小林麻央さんが臨終の前に
    「愛してる」と発したと語ったことが、宣誓文作成にも影響を与えていたことを明かした。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000047-dal-base


    【清宮、選手宣誓で「私たちは野球を愛してます」小林麻央さんの「愛してる」がヒント】の続きを読む

    このページのトップヘ