なんJスポーツ

野球を中心にスポーツ おもしろ情報をお伝えしていきます。

    2017年09月

    2017y09m04d_192851562

    あ~やっぱり・・・
    1 名無しさん@おーぷん :2017/09/04(月)13:37:50 ID:Ouu

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00000133-sph-base
    中日は4日、友利結投手コーチ(49)がコーチ登録を外れ、兼務していた編成部(国際渉外担当)専任になると発表した。
    5日の巨人戦(松本)から同コーチに代わり、朝倉健太2軍投手コーチ(36)が1軍ベンチ担当になる。


    遂にか…


    【中日・友利結投手コーチ、コーチ職を解任される】の続きを読む

    2017y09m03d_213625454

    いい選手
    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/09/03(日) 20:58:19.44 ID:gPFdwJVK0.net

    66試合で二塁手UZR+5.2

    元々は遊撃手
    セカンド経験皆無も、プロ入り後にセカンドを任されてこれ

    すごない?


    【DeNAの柴田竜拓(23)とかいう選手ww】の続きを読む

    2017y09m03d_205626199

    今季成績悪いから厳しいかもね
    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/09/03(日) 18:29:51.55 ID:xQ7OVwsC0.net

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20170903/tig17090318000001-n1.html
    阪神、中田翔獲得見送りで新ターゲットに中日・ゲレーロが急浮上 20億円超のFA資金は大物助っ人補強費へ

     しかし、阪神の球団と現場が話し合った結論は「見送り」。その理由は中田翔の打撃不振にあります。今季は103試合出場時点(8月31日現在)で打率・208、本塁打16、打点61です。
    2014年から昨季までの3シーズンは本塁打27本、30本、25本。打点も100、102、110とマークしてきたのですが、今季は開幕から調子が上がっていません。
    打点王2度、ベストナイン4度、今春のWBCでは侍ジャパンのクリーンアップを筒香と担った強打者ですが、今季の打撃内容は首をかしげるものだったのです。

     こうした状況下で金本監督と球団幹部は巨額資金の必要な中田翔獲りについて費用対効果の面で疑問を感じたようです。
    「誰も積極的に獲ろうという意見を出した人がいなかった」と球団関係者は話しています。


    【阪神、中田翔の獲得見送り中日ゲレーロ補強wwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    今はどうなの?
    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/09/03(日) 19:26:22.99

    大いに盛り上がった夏の甲子園が終わっても今年はまだまだ高校野球が球界の話題を、にぎわせそうだ。
    1日から高校日本代表のU-18W杯がカナダで始まった。
    早実・清宮や広陵・中村が出場するなど、ドラフト候補も多く出場することで注目されている。
    こういう場で活躍した今のプロ野球選手も、もとはと言えば、高校球児。
    甲子園期間中はプロ野球選手も甲子園の話題で盛り上がる。日本ハム・中田が今年の甲子園大会を興味津々に振り返っていた。

    夏の大会新記録となる6本塁打を放った中村についても、高校通算87本塁打を放った、かつての怪物も長打力には驚いていた。
    天理戦で1試合2本塁打を打った打撃には「ユーチューブで見たよ。2本打ったの。すごいねえ。俺よりすごいよ」と言う。
    将来が楽しみと思っているようだ。

    中田も今年の大会、母校の大阪桐蔭を楽しみにしていたという。
    しかし、3回戦で敗れ、春夏連覇はならなかったが、自身の高校時代の甲子園の思い出を振り返ってくれた。

    高校1年夏から中心打者として甲子園に出場。
    2年夏は4番として出場したのは野球ファンの知るところだろう。2年時は2回戦で早実に敗れ、全国制覇を逃した大会についてこう語っていた。

    「やっぱり、斎藤さんはすごかったよ。甲子園で147、8キロは出ていたでしょ。ほかのピッチャーは打てると思ったけど、本当に、打てる気がしなかったなあ」。
    初戦に特大ホームランを放つも2回戦で完璧に抑えられたのが斎藤佑。4打数無安打3三振。
    甲子園で対戦した投手で打てないと思ったのが斎藤佑だという。
    中田の話を聞いて、佑ちゃんの当時のすごさも改めて思い知った。

    高校時代は投手でもプロで評価されていた中田。
    今でいう大谷のような二刀流になれた逸材だったかもしれない。
    最初は投手としてのプロ入りを目指したという。
    最速153キロを出した怪物も「靱帯を痛めて野球人生、終わったと思ったよ。バッティングには興味なかったから」。
    その後は野手として高校BIG3にまでになった中田の思い出話を聞いて、選手それぞれに深い歴史があると思った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00000059-dal-base
    9/3(日) 14:00配信


    (出典 articleimage.nicoblomaga.jp)


    (出典 blog-imgs-29.fc2.com)



    (出典 Youtube)

    【甲子園】中田翔「ピーク時の斎藤佑樹が相手だとこうなる」


    【日本ハム・中田、甲子園で打てないと思った投手は佑ちゃん】の続きを読む

    このページのトップヘ