なんJスポーツ

野球を中心にスポーツ おもしろ情報をお伝えしていきます。

    2017年05月

    2017y05m28d_203703763

    斎藤佑樹、交流戦30日先発か
    1 あちゃこ ★ :2017/05/28(日) 20:05:51.38 ID:CAP_USER9

    Full-Count 5/28(日) 19:09配信

     日本ハムは交流戦が始まる30日のDeNA戦から先発ローテションを再編する。
    開幕投手を務めた有原航平投手を28日に抹消。斎藤佑樹投手が30日に1軍に合流し、
    31日のDeNA戦での先発が見込まれる。

     斎藤は今季、4月6日のロッテ戦に先発し、6回途中6安打3失点で負け投手になった。
    翌日からファームで調整を続け、イースタン・リーグでは9試合に登板。2勝2敗、
    防御率4.62の成績を残していた。

     17日のイースタン・リーグDeNA戦では5回2安打無失点、24日の同巨人戦でも
    5回2安打無失点と2試合連続で好投し、白羽の矢が立った。吉井理人投手コーチは
    「ゴロでたくさんアウトを取ることが2試合続けて出来ていると聞いているので、
    楽しみにしています」と期待を口にした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00010031-fullcount-base


    【日ハム斎藤佑が31日先発確実、2軍では防御率4.62 交流戦でローテ再編へ】の続きを読む

    2017y05m28d_203134653

    日本人野手がメジャーから消える日が来るのか
    1 Egg ★ :2017/05/28(日) 15:19:47.96 ID:CAP_USER9

    現地時間26日、イチロー(マーリンズ)と青木宣親(アストロズ)がそろってスタメンを外れた。イチローは代打で登場するも凡退。今季の打率を.150にまで下げた。青木は出場機会がなく、今季の打率は.265、出塁率は.313とやや不満の残る数字にとどまっている。
    深刻な不調に陥っているイチローに関して現地メディアでは、下記のような“引退勧告”ともとれる論調も出始めている。
    「イチロー、アスレチックスファンの前で最後の雄姿か」(マーキュリー・ニュース)
    「イチローが老いを見せている。彼の存在が若手のチャンスを奪っている」(ファンサイデッド)

    ◆ 苦境に立つイチローと青木

    今週はアスレチックスとの2連戦で先発機会を与えられたが、8打数1安打と結果を残せなかった。DH制が使えるア・リーグチームの本拠地での試合は7月にレンジャーズとの3試合を残すのみ。レギュラー外野手3人に故障などがない限り、イチローの先発機会は今後もなかなか巡ってこないだろう。

    そして、このまま打率1割台から抜け出せなければ、“決断”の時が迫られる可能性もある。殿堂入りが“約束された”選手だけに、マーリンズとしては、イチローをマイナーに降格させるわけにもいかず、イチローへの“プレッシャー”は計り知れないものとなるだろう。
    そしてもう一人の日本人野手、青木も苦難の時を迎えている。4月は月間打率.300で終えたが、5月に入ってからは.214と苦しんでいる。先発を外れる試合も徐々に増えており、このまま首脳陣の信頼を失うことがあれば、控え外野手に“降格”となる可能性もゼロではないだろう。

    ◆ 日本人野手の不在!?

     思い返せば、2001年にイチローと新庄剛志が日本人野手として初めてメジャーに挑戦。イチローは1年目からMVPと新人王に輝くなど、メジャーを席巻した。

     2年後の2003年には松井秀喜もメジャーに挑戦。日本時代からライバル関係といわれてきたイチローと松井は長きにわたり活躍。それぞれのチームの顔としてほぼ毎試合スタメンに名を連ねてきた。しかし2012年に松井が現役を引退。イチローもここ数年は4番手外野手としての役割を全うしてきた。

     一方、2012年に海を渡った青木は、毎年のようにチームが変わり、度重なる故障などもありながら、昨季までレギュラー外野手として実績を残した。その青木も今季は単年契約のため、来季もメジャーでプレーできる保証はない。すなわち来季は21世紀に入って初めて“日本人野手”が不在になる可能性も出てきたのだ。

     果たして、イチローと青木の2人はこの苦境を乗り越えることはできるのだろうか。


    【MLBでプレーした日本人野手】
    ※「☆」は現役
    01-☆:イチロー(外野手)
    01-03:新庄剛志(外野手)
    02-09:田口 壮(外野手)
    03-12:松井秀喜(外野手)
    04-10:松井稼頭央(内野手)
    05-08:井口資仁(内野手)
    05  :中村紀洋(内野手)
    06-09:城島健司(捕 手)
    07-10:岩村明憲(内野手)
    08-12:福留孝介(外野手)
    11-12:西岡 剛(外野手)
    12-☆:青木宣親(外野手)
    12-17:川崎宗則(内野手)
    13-14:田中賢介(内・外野手)


    文=八木遊(やぎ・ゆう)

    ベースボールキング 5/27(土) 23:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00118188-baseballk-base


    【メジャーから日本人野手“消滅”の可能性……苦境に立つイチローと青木】の続きを読む

    2017y05m28d_195304626

    大谷の特大場外弾が車に直撃
    1 THE FURYφ ★ :2017/05/28(日) 15:39:01.04 ID:CAP_USER9

    左太もも裏肉離れでリハビリ中の日本ハム大谷翔平投手(22)が、特大場外弾をファンの車に直撃させた。
    28日、2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷で2日連続となる屋外フリー打撃を実施。5スイング目に放った大きな 放物線に大谷は思わず「やべぇ」と打球の行方を見つめると右中間にある防球ネットを越え、球場外周道路沿いに 止めてあった白いミニバン車の屋根に着弾した。苦笑いしながら、ヘルメットを取って右中間方向へ頭を下げて謝罪したが、屋根部分がへこんだ車の持ち主である会社員の佐藤さんは「ラッキーです」と、喜んだ。
    この日は38スイングで、11本の柵越えを放った。場外本塁打は車直撃弾を含めて3本もあった。大谷は故障前の 打撃との違いを問われて「ケガをする前はどんな感じか比較できないので分からないけど、むしろ良くなるように
    頑張りたい」と、前を見据えた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-01831071-nksports-base


    【日本ハム・大谷翔平投手の場外弾がファンの車直撃!持ち主は喜ぶ】の続きを読む


    糸井、大和と交錯
    1 あちゃこ ★ :2017/05/28(日) 15:15:38.02 ID:CAP_USER9

    サンケイスポーツ 5/28(日) 15:03配信

     阪神・糸井嘉男外野手(35)が28日のDeNA戦(甲子園)で守備の際に負傷したが、 しばらく治療したのち、プレーを続行した。
     1-0の三回二死二、三塁でロペスの飛球を追った際、遊撃手・大和と交錯。大和の腕が 糸井の顔を直撃する形となった。適時二塁打で逆転を許し、一塁ベンチからトレーナーが 駆けつける。タオルを顔に当てながら、糸井は一度、ベンチに下がった。
    「糸井選手、手当に時間がかかるもよう」のアナウンスに満員の甲子園が騒然となったが、 しばらくした後、再び、グラウンドへ。大きな拍手に包まれた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000542-sanspo-base


    【阪神・糸井、大和の腕が顔面を直撃!ベンチに下がり場内騒然もプレー続行】の続きを読む

    2017y05m28d_202420394

    広島、巨人に勝利
    1 丁稚ですがφ ★ :2017/05/28(日) 17:21:39.53 ID:CAP_USER9

    広島 0 0 0  0 0 0  2 0 0  1  3
    巨人 0 0 1  0 1 0  0 0 0  0  2

    バッテリー
    巨人:田口、マシソン、カミネロ- 小林
    広島:中村祐、中田、中崎、ジャクソン、今村、一岡- 會澤、石原

    本塁打
    広島:エルドレッド 7回表 13号2ラン
    巨人:

    試合結果:スポーツ報知/yahoo野球
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/results/20170528-01.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2017052801/score


    【セ・リーグ 巨人2-3広島[5/28] 7回エルド同点弾!10回西川決勝打!逆転広島5連勝 投手粘るも苦手広島に勝てず巨人4連敗】の続きを読む

    このページのトップヘ